債務整理とは?《種類とそれぞれの違いを徹底調査してみました》

債務整理とは?《種類とそれぞれの違いを徹底調査してみました》

債務整理とは?《種類とそれぞれの違いを徹底調査してみました》

債務整理をしたいと思ってる方は、どんな手順でそれを行えるかについて考えるだけでは不十分です。
実際に債務整理すると、どんな影響が出るのかについても知っておかなければなりません。
債務整理するとどんな影響があるのでしょうか?
漠然としたイメージはみなさんお持ちかもしれませんが、実際にはさまざまな問題が関係しています。
例えば、債務整理すると借金が全て免除されると思ってる方もいらっしゃいますが、実際にはそうではありません。
債務整理の方法として個人再生を選択した場合には、借金を整理して額を減らすことはできますが、全てが免除されるわけではありません。
また任意整理を行う方は、自己破産や個人再生よりも減額できる債務金額が少ないことを知っておかなければなりません。
このように、債務整理をしても借金が残る場合もあるということを覚えておきましょう。
もちろん、債務整理の影響というのはそれ以外にもあります。
例えば、個人再生を行う場合は財産を処分する必要がありませんが、その代わり、住宅ローンの返済はこれまで通り行っていく必要がありますし、個人再生を行った事実は官報に記載されることになります。
また、自己破産すれば借金をゼロにすることができますが、住宅ローンは組めなくなりますし、個人信用情報機関にその名前はしっかり記録されることになります。
債務整理をする場合、このような負の影響についてもちゃんと考えておく必要があります。