債務整理すると連帯保証人に迷惑かかる?※借金お悩み相談室

債務整理すると連帯保証人に迷惑かかる?※借金お悩み相談室

債務整理すると連帯保証人に迷惑かかる?※借金お悩み相談室

債務が増えてくるとそれだけ返済は難しいものとなってしまいますが、そういった場合は債務整理で債務を減らし、返済を楽にしていく方法がよく選ばれています。

そして、債務整理の場合も、連帯保証人が必要でない、カードローンやキャッシングの場合なら他の人への影響を考えずに最適な整理方法を選ぶことができます。

それから借金によっては連帯保証人が必要な場合もあり、その場合は債務整理をするとその人に影響が出てくる場合がありますので、よく考えて行なっていく必要があります。

借金の返済については債務者本人が支払いが出来なくなると、今度は連帯保証人に請求がいくこととなりますので、それゆえに勝手な判断で手続きを進めていくことは避けたいところです。

自己破産や民事再生という手続きではかなり借金を減額できるのがメリットですが、これらの手続きではすべての借金を整理することとなりますので、やはり連帯保証人に与える影響は避けることはできません。

そして、債務整理には他にも方法があり、任意整理や特定調停もよく選ばれている方法です。
この方法を選ぶメリットとしては、債務者本人が整理する借金について選ぶことができます。それゆえに連帯保証人のいる債務については除いて、債務整理をすることもできます。

連帯保証人がいる債務整理についてはより慎重に行なっていく必要がありますので、良い解決策が選べない場合は弁護士などの専門家にも相談し、最適な解決方法を見つけていきましょう。