債務整理は弁護士・司法書士どちらに依頼するべき?※比較してみた

債務整理は弁護士・司法書士どちらに依頼するべき?※比較してみた

債務整理は弁護士・司法書士どちらに依頼するべき?※比較してみた

多額の借金をする時には家族や知人に連帯保証人になってもらう場合があります。連帯保証人はお金を借りた人がお金を返せなくなった場合、当人に代わって借金を返済する義務があります。
債務整理するとお金を借りている当人は借金の額を減らせますし毎月の返済を楽にする事ができます。債務整理の中の自己破産した場合には、借金を返済する義務もなくなります。しかし連帯保証人には借金を返済する義務が残り、しかも一括で全額支払わなくてはいけなくなります。債務整理をすると連帯保証人に多大な迷惑をかけることになるのです。
こういった場合は債務整理の中の任意整理を選ぶと迷惑をかけずにすみます。任意整理はどの借金を整理するかを自分で選ぶ事ができるので、連帯保証人がいる借金を外して整理することができます。一部の借金を減らすだけでもかなり返済を楽にすることができます。
しかし借金の総額が大きい時は、連帯保証人がいても債務整理を行なわないと借金問題が解決できない場合があります。こういった場合は連帯保証人も一緒に債務整理の措置をとるという方法があります。信用情報機関に事故情報が記録されるなど迷惑をかけることになりますが、一括で借金を返済するよりは負担は小さくなります。また一括返済ではなく分割で返済できるように債権者と交渉するという方法を取る場合もあります。
どちらにしても債務整理に詳しい弁護士に相談して負担のかからない方法を取る事が大切です。