債務整理のデメリットまとめ~徹底的に調べてみた結果~

債務整理のデメリットまとめ~徹底的に調べてみた結果~

債務整理のデメリットまとめ~徹底的に調べてみた結果~

債務整理すると人生の終わりかのように思っている人が意外に多いものですが、実際はそこまで大きな影響はなく、通常通りの生活を送ることが可能です。債務整理するとまず第一に信用情報機関の事故情報に登録されます。信用情報機関とは個人の信用を記録している業者であり、例えば貸金業者や銀行でお金の借り入れを行った際などに情報が更新されます。そのうち信用を著しく貶めるような行為をした人が登録されるのが事故情報であり、一般的にブラックリストと呼ばれます。
ちなみにこのリストは家族にまで影響が及ぶことはありません。事故情報に登録された場合、その後のお金の借り入れやローンの組み立てなどが困難になります。債務整理するといっても様々なものがありますが、もっとも軽度である任意整理の場合のデメリットはこれと保証人への負担ぐらいで済みます。次に影響を与えるものとして官報公告があります。これは自己破産と個人再生の手続きの際にのみ発生するもので、要は国の広報誌です。しかしながら一般人がこれを見ることは稀であり、基本的に他人に個人情報が知られるような心配は無用です。
自己破産の場合のみ一部職業に就けなくなります。とはいえ警備会社の警備員や保険の外交員ぐらいなものであり、たいていの場合大きな影響はありません。もっとも怖いと思われるのは保証人への影響です。最近では保証人なしの借り入れなども増えましたが、保証人が要る場合には債権者から保証人に対して請求が行くため、保証人に対して相当の負担をかけてしまうことになります。